yogurting ヨーグルティング

2005年07月02日

ガンダムSEED DESTINY 第37話

徐々に面白さが出てきたんじゃなかろうかと。
アスランの危機からの脱出がどうなるかというのが、
今回のポイントだったのだが、何とかなった模様。
余りにも有り得ない助かり方でしたが。キラ並みです。
しかもメイリンも助かってるし。おそらく五体満足でしょう。
そうでなくては困るが。だが、だからこそもっとちゃんと
納得いく助かり方をせねばならんわけですよ。

アスランが覚醒して何とか助かる・・・という展開が予想されたのだが、
何とシンが覚醒!最悪の展開です。やり取りを見てると、
もしかしたらシンが味方に・・・とかいう展開もチラリとよぎったが、
そうなると敵が議長とかレイとかになるわけで、
そうなると敵側勢力としては存在感がどうなかーと思うわけで。
クルーゼも少しそんな感じがあったけど。

とりあえず、どんどん議長の思惑が実現されてきている模様。
手駒が揃い、期も熟したという事か。

キラ・アスランが第一線から退き、機体も無い。
しかし議長側にはバーサーカー状態のキラと、
忠実な下僕であるレイ。そして最新鋭の機体。
多少の不安要素(タリアなど)はあるにしても、
議長を止める者はいない。

アスランを助けたのは、どうやらアークエンジェルにいた
オーブの人たちの模様・・・?しかし何をしているのか分からないラクス。
キラは動く模様だが。・・・ん?キラはもう復活?
ともかく、この微力といえる状態で、いかにして議長に立ち向かうのか。
こんなにどっちが敵か味方かってのも凄い。

理想論の正義が現実的な正義より良いとは必ずしも言えないわけで。
とはいえ、議長も理想論を語ってはいるが。
いやはや、この辺難しい。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 機動戦士ガンダムSEED DESTINY #37 「雷鳴の闇」  [ カレイドスコープ ]   2005年07月03日 16:43
あ〜、アスラン弱いよ〜(T△T)種割れすることなく撃墜されてましたねもうアレだな、ヤムチャだな。ガッカリ(;´д`)議長のにらみがすごかったですねぇタリア艦長も黙っちゃいましたね。速攻で撃墜許可を出すのはまぁ、普通なんでしょうがシンのためらいに一瞬、ついに主人

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔